CASE STUDY

AIソリューション

特定保健指導の支援システム開発

株式会社くまもと健康支援研究所様

インタビュー

株式会社 くまもと健康支援研究所
企画開発部 医療生活産業室 室長
山本 亮 様
開発プロジェクト:特定保健指導の支援システム開発

企業概要

「Wellness for all~すべての人々に健康を~」を企業理念として、少子高齢化による社会保障費の増大、生産年齢人口の減少を社会的課題としてとらえ、自治体、医療保険者、医療機関、商工会等の地域団体、地域住民をステークホルダにした生涯現役社会実現に向けたソーシャルビジネスを展開しています。

開発の経緯

平成27年「特定保健指導実施率向上を目的とした支援サービスの開発」について、異分野連携新事業分野開発計画に係る認定を受けて、弊社と株式会社ワイズリーディングが初めてアライアンスを組んで実施した新規プロジェクトを実施しました。

導入効果

特定保健指導支援システムが開発されたことにより、大幅な業務効率化および人工知能を活用した新サービスの提供が実現できました。今後は、5Gが進むことで、ヘルスケアの分野においても遠隔システムなど大きな変化が求められていくことが予想されます。単なるシステム会社と民間企業という立場ではなく、激しい環境の変化に順応していくために、両社の強みを生かしてアライアンスを組むことで、今後も熊本県を中心に地域医療・介護業界に貢献していきたいと考えております。

 

 

Customer Information
会社名 株式会社くまもと健康支援研究所
住所 〒861-8044 熊本市東区神園2丁目1番1号 4階
ホームページ http://www.kwsi.co.jp/company.html