OUR SERVICE

事業内容

SCROLL

SERVICE 01

遠隔画像診断サービス

Remote diagnostic imaging service

遠隔地においても最高レベルの画像診断を
提供することで健康と福祉の増進に貢献します。

Y's Reporting System

Y′s Reporting System

放射線科専門医の確保が難しい医療機関様へ質の高い診断結果をお届けします。

今日の医療では、画像検査が治療方針に影響を与えるほど重要な役割を果たしています。しかし、いわゆる医師不足により、画像診断精度や治療効率が低下する問題が発生しております。Y′s Reporting Systemはご契約いただいた医療機関から伝送された画像データを専属の放射線科医に振り分け、一次読影を行います。更に場合によっては放射線科専門医歴15年以上の医師が二次読影を行うというダブルチェックシステムを整えています。

診施設向け遠隔画像診断サービス

健診施設内・検診車で撮影された検査画像を放射線科専門医がスピーディーに診断・返信

生活習慣病をはじめ、さまざまな病気の予防や早期発見につながる健康診断・検診の重要性は、健康志向が高まりを見せる中、広く周知されるようになりました。そのため、その需要は年々増加しており、検査項目もますます多様化。多くの人が定期的にさまざまな検査を受けています。健診向け『Y’s Reporting System』では、さまざまな医療機関様の画像診断を行ってきた経験を活かし、検査画像の診断を実施。独自のシステムで健康診断の現場をサポートします。

Y's Review

Y′s Review

的確な交通事故画像診断をオンラインで。

交通事故受傷者の画像診断を数多く行ってきた当社では、その豊富な経験を活かし、医療機関のみならず、弁護士の交通事故相談においても的確な画像診断を提供したいという思いから、オンラインによる弁護士向けの依頼・相談システムを開発しました。

SERVICE 02

AIソリューション

AI solution

最先端のIT技術を活用する事で医療の新時代を
強力にサポートし、業務改善に貢献します。

AI開発(人工知能研究所)

人工知能研究所とは?

株式会社ワイズ・リーディング内に発足した、人工知能開発を専門としたチームです。人工知能とは、人間の脳がふだん行っている作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステムのことで、人間の使う言葉を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするプログラムなどのことを指します。
「最先端のIT技術を活用する事で医療の新時代を強力にサポートし、医療分野の人材不足解消、業務改善に貢献する」というスローガンを実現するために、人工知能の研究・開発は欠かせない分野だと、私たちは感じています。

今までにないものを積極的に開発

人工知能、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)、スマートフォン対応など、最新の技術を駆使した全く新しいソリューションの開発に力を入れています。
今までの技術の活用だけでなく、常に新しい技術の開拓を行い、さらなるノウハウの蓄積、技術力向上を推進しています。

病院向けコンサルティング

IT領域の運営に不安はございませんか?
経験豊富なエンジニアが、お客様の不安・負担を解消いたします。

システム導入やセキュリティ対策など、IT領域の運営に不安があるという方は多いはず…
ワイズ・リーディングでは多くの医療機関やITソリューションを見てきたエンジニアが、お客様の業務的、精神的な不安・負担の解消をお手伝いさせていただきます。

まずは現在の業務の見直しを

やみくもにシステム導入する事ばかりに目をとらわれず、まずは全社的な業務プロセス見直しについて検討し、業務の基盤をきちんと整理する事が大切です。
業務プロセスを整理、最適化した上でシステム導入に移ることで、業務フローがスムーズになったり、付加効果が生まれたりと導入効果も高くなります。
業務フローやお客様の困りごと、システム間の繋がりなどを細かくまとめ、業務プロセスの見直しが出来るのも医療業界に精通した我々の強みです。

自社パッケージ製品

レポート作成支援システム

Y′s CHAIN

AIの支援で、早く・効率的にレポートを作成。

Y′s CHAINはもともと、放射線科専門医が日々作成する大量のレポート作成の負担を軽減し、少しでも本来業務である画像診断に時間を割いていただくために開発した、日本、米国で特許取得済みのシステムです。 過去の文章をAIが解析し、入力の際にサポートすることで、より早く質の高い文書の作成を可能にしました。

動画付き患者情報共有システム

Y′s Bridge

病院・施設間でシームレスな情報共有。

臨床現場では、治療を終えているにもかかわらず退院調整に時間がかかってしまうため、「不必要な入院期間」が存在します。これが医療費肥大の一因となってしまいます。そこで弊社は「患者動画」が付加された患者情報共有システムを構築しました。このシステムを利用していただくことで、病院・施設間におけるシームレスな連携を実現します。

遠隔相談システム

Y′s Connect

掲示板機能・カレンダー機能・動画共有機能もついた遠隔相談システム

携帯電話やPC上のwebブラウザ上で稼働するシステムで、TV会議システムが起動しての対面相談や、掲示板を事前相談などに活用できます。また、画像だけでは伝わりにくい相談者状況も、動画送信でより多くの情報を伝えることができます。導入は簡単、すぐにご利用できます。

患者見守りシステム

Y′s Keeper

患者の位置を把握し危険を回避。現在地を一括管理して、事故を未然に防ぎます。

病院内に受信機を定点で配置し、発信機を持った患者が入ってはいけない場所に移動した際、アラートを表示させ危険を知らせてくれるモニタリングシステム。患者一人ひとりに対して見守り条件の設定を変えることができるため、細やかな対応が可能です。リアルタイムに患者の位置を把握でき、移動履歴も管理できるので、事故を未然に防ぐことができます。

SERVICE 03

オープンラボ運営

Open lab management

 

医療とIT、それぞれ持つ課題とニーズをつなぎ、
優秀な人材を育成します。

ソケット IoMT / AIラボ熊本

SOCKET IoMT / AI lab Kumamoto

医療とエンジニアをつないでイノベーションを起こしていく空間。

SOCKETは、IoMT(Internet of “Medical” Things:医療・ヘルスケアのIoT)、AIの開発拠点をコンセプトとしています。医療分野の課題・ニーズと、エンジニアが持つ様々な技術・シーズをつなぎ、イノベーションが生まれる場所が熊本にうまれました。