NEWS/BLOG

2019.12.10

今年も冬のY’sプログラミング教室やります!(募集〆きり、キャンセル待ち受付中)

SOCKET IoMT/AI Lab Kumamotoでは毎月様々なイベント開催を予定しています。
2020年1月のイベントは「micro:bitプログラミング教室」です。
※定員に達したため、募集〆切りました。キャンセル待ち受付中です。

弊社では、地域活性化として2015年からプログラミングワークショップを開催してきました。
今回は、コンピューター教育研究所「ロボファーム」代表の森川氏にご協力いただき、micro:bitを使ったロボカー制作を行います。

micro:bitは英国で作られた教育向けのマイクロコンピューター。
ブロックを並べることで簡単にプログラミングでき、英国では11~12歳の子ども全員に無償配布されています。
日本でも、近年、キッズ向けプログラミング教材として注目を集め、高等学校に2022年度から導入される新学習指導要領でも取り上げられています。

<企画>micro:bit+Maqueenを使ったロボカー制作&プログラミング

micro:bit+Maqeenを使ったロボカー

当日使用する機材の購入も可能です。ご希望の方は参加申込時に併せてお申込みください。

日時:2020/1/4(土) 14:00-17:00
場所:SOCKET IoMT/AI Lab Kumamoto(熊本市北区飛田3-5-8)
対象年齢:小学4年生以上〜大人も大歓迎です。(★)
募集人数:先着12名
参加費:1人500円
お申込み:https://forms.gle/fFm4itK3hL218Lvz8
※定員に達したため、募集〆切りました。キャンセル待ち受付中です。
★保護者同席であれば、小学1年生からご参加いただけます。

チラシデータはこちら

<講師>森川 治雄 氏

(講師プロフィール)

コンピューター教育研究所「ロボファーム」代表。「熊本市少年少女発明クラブ」専任指導員。職業訓練施設「IoT講座」講師。教育学修士・第二種情報処理技術者・ICT支援員資格認定者。

「デジタル時代のモノづくりを楽しもう」を目的に「ロボファーム」創業。最近は小中学生を対象に、英国発のコンピューター教材「micro:bit」を使った講座を多数開催する他、教職員向け研修会の講師も務めています。Facebookグループ「micro:bitプログラミング教育研究室(参加者:国内外で約1700名)」開設し管理しています。

皆さまのご参加をお待ちしております!

この記事のキーワード: