NEWS/BLOG

2019.02.20

交通事故画像診断セミナー

2019/02/18

2月15日に、福岡にて、弁護士の先生方向けの「交通事故画像診断セミナー」を開催しました。
20名以上の応募があり、傾聴されている様子からも、弁護士の方々の熱意を感じました。
第1部でメディカルリンクス代表取締役、川井氏による
医療調査と画像鑑定の活用事例発表がありました。
ポイントが明確で、特に「画像診断によって何を主張し立証したいのかを
明確にして医師に相談・依頼することが重要」というフレーズが
印象的でした。

第2部で弊社中山による画像診断ワンポイントレクチャー頸椎編を行いました。

まずはMRI検査の基本的なところから各種シーケンスの説明をさせて頂き、
実際の画像をみながら特徴像の見かたを解説致しました。

3、40分という短い時間でしたが非常に濃密な内容で、
終了後に是非スライドを頂けないかと先生からお申し出を頂くほどでした。

第3部は川井様と中山による、実際の依頼事案を使ったディスカッションを行いました。
こちらは実例を題材として、依頼者と放射線診断専門医が実際にどんなやり取りをするのか、画像の生読影を行い、後遺障害の認定基準と画像診断結果を照合して
これからの方針策定を行う現場を再現するものです。
先生方からは実際にやり取りをするイメージがしやすいようで、
大変ご好評を頂きました。有難うございます。

参加された弁護士の先生からは「依頼者が医療機関にかかる際(検査で)はどんなところに留意したらいいのか」「画像診断報告書にある『疑い』はどんなニュアンスなのか」などのご質問をいただきました。

私が雨男なもので、足元のお悪い中、ご足労頂きまして有難うございました。
アンケートにも多数のご意見、ご要望を頂きまして、
次回開催に反映させて頂けたらと考えております。
次回の開催につきましては、また改めてご報告いたします。

文責:杉山