NEWS/BLOG

2011.07.10

7月9日(土)、ブデヨビツキ・ブドバー

7月9日(土)、ビール探訪 第8回。ブデヨビツキ・ブドバー(チェコ語ではブジェヨヴィツェ・ブドヴァル、Budějovický Budvar) 。呼びにくいですね。
330ml、5.0%、約340円。

チェコのブジェヨヴィツェ・ブドヴァル国営会社 のピルスナー・ビールです。もともと、チェコの地名ブドヴァイスを使用して、「ブドヴァイゼル・ブドヴァル」というブランドのビールを販売していたのですが、アメリカのドイツ系移民、アドルファス・ブッシュが、「ブドヴァイス」にあやかり、「バドワイザー(Budwiser)」と命名し、アメリカ国内での商標権を獲得しました。その後、ブジェヨヴィツェ・ブドヴァル社は、アメリカのアンハイザー・ブッシュ社の「バドワイザー」と商標権をかけて世界的に争っています。

チェコの最高原料と地下300mからの良質な水で醸造されています。チェコのチェスケー・ブデョヴィツェ市で、700年以上にわたって醸造されている長い伝統があるそうです。
ワールド・クオリティ・セレクション大会などの品評会で高い評価を受けているそうです。2001年から2006年の間にはチェコ共和国で愛読されているビール専門誌で最高のビールのひとつと絶賛され、2000年には20世紀ビール名品という賞を受 賞したそうです。


今回も、しっかり冷やしていただきます。


では、開栓。


ついでみましょう。


泡立ち、いいです。


いや~、みごとですね。透き通った黄金色。
これぞ、ピルスナー。


香りもよいです。


では、Na zdraví(ナスドラビー、チェコ語で、貴方の健康に乾杯)


ゴクゴク、ゴクリ。


う~ん、


うまい、最高!!! 


ホップの苦味もきいています。甘みもある。
後味は、すっきり。

ピルスナー・ウルケルといい、ブデヨビツキ・ブドバーといい、
チェコ・ビールは本当に美味しいですよ。

次回は、お待ちかね、セリス・ホワイトです。
ヒューガルデン・ホワイトの回にでてきた、ピエール・セリスの神髄にせまります。

http://ysreading.blogspot.com/2011/07/72.html

この記事のキーワード: