NEWS/BLOG

2011.06.26

6月25日(土)、ビットブルガー

6月25日(土)、梅雨の大雨が続くと思ったら、いきなり夏日。
最近は天候にも、「あそび」がありません。
今回はビットブルガー(Bitburger)です。
6本ケース、2箱買いました。
なぜ、一度にたくさん買うのか?
それは、1本当たりのコスト(送料)が抑えられること、
楽天ポイントがたまること、
何より、色んなシチュエーションで、たくさん飲まないとビールの印象が記憶できないこと。
家族で1日3本(小瓶、330ml)消費しますので、約4日分です。
国産ビールと比較すると、値段は張りますが、色んな国や地方のビールを飲めるのは恵まれた時代です。その国の文化をネット・サーフィンしながら、ゴクリとやる・・・ 格別です。

ビットブルガー。
ドイツ、ラインラント=プファルツ州にあるビットブルガー蒸留所。1817年設立。
今回は、プレミアム・ピルス(330ml)を飲みます。約380円。
ジャーマン・ピルスナースタイルです。
前回の「ピルスナー・ウルケル」、実はドイツの製法をお手本としていました。一説には、ドイツから酵母が盗まれて、あの名作「ピルスナー・ウルケル」が誕生したという話もあるそうです。
そして、今度はドイツがその製法を逆輸入することによってできたジャーマン・ピルスナー。
なんだか、複雑ですね。
今回も、グラスを購入しました。
いや~、よく冷えています。では、開栓。
みごとな黄金色ですね。「ピルスナー・ウルケル」とくらべると、泡立ちはやや弱い気がします。
おっと、もったいない。
では、Prost!。
・・・うまい! キンキンに冷やして飲むと、最高。
「ピルスナー・ウルケル」ほどのスパイシーさはないようですが、
素材にこだわり、麦とホップ、水、酵母のみで作ったジャーマン・ピルスナー。
ドイツ人の生真面目さを感じます。
次回は、シュパーテンです。
この記事のキーワード: