NEWS/BLOG

2010.02.17

カントリーマアム

この件に関しては色々な意見があると思いますが、私は応援してます。


正確に言うと、寄って集ってこの兄ちゃんを叩いてるメディアを見て、逆に応援
するようになりました。




調べるとかなりの有望な選手じゃありませんか。ここまで来るのに、もの凄い
努力を積んできたのでしょう。


それを無にしようとしているメディアを見る度に、「國母、頑張れ!」と心の中で
叫んでしまいます。

いよいよ明日ですね。




競技で盛り上がりましょうよ。



この記事のキーワード: