NEWS/BLOG

2010.02.08

「1本の映画を撮るように人生をプロデュースしなさい」

『パーソナル・マーケティング』
レバレッジシリーズの本田直之さんです。

この手の本は、読んだ後わかったような気分になりますが、時間が経つと
案外頭に残ってないことが多いです。
それはやはり、体系的に理解していないからだと感じます。


この『パーソナル・マーケティング』は、自分自身のマーケティングが何故
大事なのか、 何故必要なのかというのを、たくさんの例を交えて体系的に
説明してくれているので、これまでに得た知識の整理に役立つと思います。
とても読みやすく、ほんと短時間で読破できる内容です。

ブランディングに拘ってるだけあって、パッケージのデザインもさすがですね。

(本書ではマーケティングをブランディングの上位に位置づけてあります)

ちなみに、このエントリーのタイトルは、本章の最初のページに記されてる

言葉です。

この記事のキーワード: