NEWS/BLOG

2022.05.13

第183回画像診断塾を開催しました!

2022年4月23日(土)15時~18時、ワイズ・リーディングにて、第183回画像診断塾を開催しました!

ワイズ・リーディングでは、毎月1回のペースで、「画像診断を学びたい!」、「多くの症例画像を見たい!」という意欲のある医学部生向けに、代表の中山と参加者によるディスカッション形式で、無償で画像診断塾を開催しています。

第183回目の画像診断塾を、4月23日(土)15時~18時・ワイズ・リーディング本社にて開催いたしました。
画像診断塾は「画像診断力を身に着けよう!」というテーマで、二部構成で講義や症例検討のディスカッション形式で行っています。
今回はZOOM参加を含め、合計16名の多くの方にご参加いただきました!

第1部:画像診断学

 

 

第1部の読影力の基礎では「画像診断学」についての講義が行われました。

我々が普段目にするX線画像、CT画像はどういった原理で撮影されているのかを原理から細かく追っていく講義となりました。
大学では学べないような、まさに画像診断塾のならでは!という講義内容でした。

第2部の症例検討で紹介された症例は、以下の症例です。

  • 症例 1:原発性膵癌
  • 症例 2:子宮頸がん
  • 症例 3:後腹膜出血
  • 症例 4:誤嚥に伴う窒息
  • 症例 5:原発性腸管嚢腫様気腫症+急性胃炎
  • 症例 6:胃癌+肺動脈血栓塞栓症+深部静脈血栓症
  • 症例 7:上行結腸癌+腸重積

 

開催後のアンケートでは、

  • 実務に基づいた講演をいつも有難うございます!今回印象的だったのは、PCI症例で、あたかも緊急opeかと思われるような画像でも、1週後には正常に戻ることがあるということです。今後もしっかりと画像と向き合っていこうと改めておもいました!
  • 未知の単語が多く、ついていくのに精一杯でした。見落としの恐ろしさや、診断の奥深さを知れて充実した講習となりました。
  • 大学では学べないような基本的な検査についての検査法、仕組みなどを学べてとてもいい機会となりました。
  • 検査目的とは違ったところで全く異なる病変が見つかることもある怖さを感じました。

 

など、多くの感想をいただきました。

 

弊社が運営している【Y’s Radiation-club】でも多くの症例を見ることが出来ます。下記のリンクよりぜひご参加ください!

Y’s Radiation-clubの申し込みはこちらから!

★次回の画像診断塾は5月21日(土)15時~来社、および、ZOOMで開催予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

 

Y′s Radiation-club

オンラインサロン