NEWS/BLOG

2022.03.30

第182回画像診断塾を開催しました!

2022年3月19日(土)15時~18時、ワイズ・リーディングにて、第182回画像診断塾を開催しました!

ワイズ・リーディングでは、毎月1回のペースで、「画像診断を学びたい!」、「多くの症例画像を見たい!」という意欲のある医学部生向けに、代表の中山と参加者によるディスカッション形式で、無償で画像診断塾を開催しています。

2022年3回目の画像診断塾を、3月19日(土)15時~18時・ワイズ・リーディング本社にて開催いたしました。
今回はZOOM参加を含め、合計11名の多くの方にご参加いただきました。また、国家試験を終えた医学部生も来社し、後輩の方々は、非常に刺激を受けられたと思います。

「画像診断力を身に着けよう!」というテーマで、二部構成で講義や症例検討のディスカッション形式で行ってます。

第1部の読影力の基礎では「膵臓」についての講義が行われました。では、早速講義の内容をご紹介いたします。

第1部:膵臓について

膵臓疾患の診断のポイントという事で、

・膵の造影パターン

・膵の脂肪浸潤

・膵の加齢性変化

・膵の腫大と萎縮

・輪状膵

・膵の石灰化

・腫瘍

など多くのポイントを紹介しました。その後、膵炎の特徴的な症例やCTグレードの判定基準、膵嚢胞の鑑別など様々な症例が取り上げられ、非常に勉強になりました。

第2部の症例検討で紹介された症例は、以下の3症例です。

症例 1:膵癌、肝転移
症例 2:急性腹症
症例 3:Ai

症例2の急性腹痛の精査では、造影のポイントや急性膵炎のCTグレード、仮性動脈瘤の形成などのポイントについて解説がありました。

開催後のアンケートでは、

急性膵炎では、発症時の対応だけでなく、その後の合併症に対する管理も大切だとわかりました。

4月から〇〇病院で初期研修をする予定です。皆様には大変お世話になりました。外傷に対して、アンカリングすることなく、発想を豊かに診療したいと思いました。

などの多くのご感想を頂きました。

 

弊社が運営している【Y’s Radiation-club】でも多くの症例を見ることが出来ます!申し込みはこちらから!

Y’s Radiation-clubの申し込みはこちらから!

★次回の画像診断塾は4月23日(土)15時~来社、および、ZOOMで開催予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

 

Y′s Radiation-club

オンラインサロン