NEWS/BLOG

2021.08.06

第175回:画像診断塾を開催しました!

2021年7月31日(土)、第175回:画像診断塾を開催しました!

ワイズ・リーディングでは、「画像診断を学びたい!」、「放射線科や画像に興味がある!」という意欲のある医学部生向けに、毎月1回のペースで画像診断塾を無償で開催しています。
毎回10~15症例を、代表の中山と参加者がディスカッション形式で行っています。

7月31(土)15時-18時、ワイズ・リーディング本社にて、第175回目となる画像診断塾を開催しました。

今回はZOOM参加も含め、医学部生4名、放射線技師3名、医師1名、合計8名の皆さまにご参加いただきました。
卒業試験終了後の6年生も参加いただき、今回も非常に盛況な勉強会でした。

【開始前の様子】

 

今回紹介された症例は以下の10症例です。

1:原発性肺癌の縦隔浸潤
2:急性穿孔性虫垂炎
3:横行結腸癌
4:肺塞栓症のAi
5:悪性リンパ腫
6:原発性肺癌
7:頭蓋骨異常の疑い
8:HCC
9:バセドウ病
10:凍死のAi

7症例目の頭蓋骨異常の症例では、各自の頭蓋骨の形を気にしながら、絶壁やら右に偏っているやら、各自の頭の形の暴露大会が始まり、盛り上がりました。

開催後のアンケートでは、

■貴重な症例を拝見させて頂き、大変勉強になりました。 特に、凍死の症例の3兆(心臓内血栓・蓄尿過多・肺野の混濁微小)を死戦期の冗長さから考えると見事に繋がるところが非常に学びになりました。 また、核医学や治療にて、悪性リンパ腫や播種、肺がん、膵がんなど関わる機会がある際には、 サンドイッチサイン・大網ケーキなどを念頭において画像をみていきたいと思いました。
■症例と症例の合間のフリートークが盛り上がってて良かったです。

などの感想を頂きました。

途中、ZOOMの画面共有がうまくいかず、ご迷惑をおかけいたしました。慌てるスタッフの「来社の皆さまの中にパソコンのお医者様はいらっしゃいませんか!?」の叫びを聞き駆けつけてくれたパソコンのお医者様(……という名の弊社のスタッフ)に、設定と調整をしていただき、最後まで無事に開催することができました!
お忙しい中ご参加頂いた皆さまに、心より感謝申し上げます。

次回は8月21日(土)に開催予定です。参加を希望される方は、当社の個人情報保護方針に同意頂いた上、以下のフォームよりお申し込みください。
お申し込み後、こちらからメールにて詳細をお送りさせていただきます。

ワイズ・リーディング 遠隔画像診断サービスについてはこちら!

投稿者:うえの