NEWS/BLOG

2021.02.19

ガジェットのご紹介①

ワイズ・リーディング、テレラジオロジーグループでシステム面を
担当しています、中嶋と申します。

読影の先生方にご提供している情報の一部を抜粋して記事を作成致しております。
テレラジオロジーグループでは遠隔画像診断にも関連した作業効率向上に役立つ情報のご提供も行っております。

業務の効率化に役立つおススメガジェット等をご紹介させて頂ければと存じます。
今回は「キーボード」に焦点を充ててお話しさせて頂きます。

キーボードには
・安価なものに多く採用されている「メンブレン式」
・高級なキーボードに採用されていることの多い「メカニカル式」
の大きく分けると2種類のタイプのものに分けられます。

更に詳しく説明すると…(お話が尽きないのですが今回は割愛致します。ご興味ある方は是非ご連絡下さい。)

実際に私がタイピング測定のソフトを使い、
・自宅で以前使っていた安価なキーボード(メンブレン式)
・買い換えた高級路線のキーボード(メカニカル式)
の2種で入力比較を行ってみたところタイピング速度におよそ1.5倍程の違いがありました。
個人差もあるかとは思いますが、打鍵感やキーの配置、指の力加減等自分にあったキーボードを使用することで、タイプミスや疲労の蓄積を防ぐことが出来るのではないでしょうか。
細かい部分ではございますが、積み重ねていくことで大きく効率が変わってくる部分かと思います。

ここで私の最近の一押しのキーボードと、弊社で使用しているキーボードをご紹介させて頂きます。

画像出典元:価格.com
サイトタイトル:G913 LIGHTSPEED Wireless Mechanical Gaming Keyboard-Linear G913-LN [カーボンブラック] 価格比較

メーカー:Logicool
商品名:G913 LIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード

アルミニウム合金によるシックな外観、派手過ぎずまとまった俊逸なデザイン。
実売価格は27,000円前後になっております。
無線接続採用ながら入力遅延も非常に少なく長時間(約30時間)のバッテリー稼働実現を実現しています。
※2種の無線接続、有線接続にも対応。
3種類のメカニカルスイッチから好みの打鍵感のスイッチを選択、購入が可能です。

キーストロークが短く少し癖のある仕様ではありますが、高性能でまとまった素晴らしいキーボードです。

画像出典元:Amazon.co.jp
サイトタイトル:Razer BlackWidow Elite JP Yellow Switch メカニカル ゲーミングキーボード 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02622800-R3J1 ブラック

メーカー:Razer
商品名:Razer BlackWidow Elite JP

Razerのゲーミングキーボードの中でも代表的なモデルの上位機種です。
実売価格は17,000円前後になっております。

取り外し可能なアームレストが付属されており、長時間の使用にも優しいモデルです。
キーボードの要となるスイッチも3種類から選択可能、
しっかりとした押し心地の緑軸、静かでソフトな押し心地のイエロー軸、中間を取ったオレンジ軸が出ています。

ゲーミングキーボードらしく、耐久性と安定感のあるモデルです。


メーカー:Topre
商品名:REALFORCE 108UDK

画像出典元:Amazon.co.jp
サイトタイトル:東プレ キーボード REALFORCE108UDK 日本語配列カナなし USB 有線接続 静電容量無接点 昇華印刷墨モデル ALL30g荷重 ブラック SJ38C0

弊社オフィスでの業務用に主に導入されているモデルです。
現在はREALFORCEのモデルが一新されており、入手が難しい状況ですが、非常に魅力的なモデルとなっております
(REALFORCEの最新モデルも特徴を受け継いだモデルとなっております)。

メカニカル式・メンブレン式とは違うタイプ(静電容量無接点:動作音が小さく、耐久性が高い)スイッチを採用したキーボードです。非常にソフトな打鍵感と、入力レスポンスの早さに定評があります。実際毎日使用していますが癖が無く、入力で疲れることも少なく、非常に快適な入力感です。

タイピングをメインに扱う様々な業種での導入実績もあり、安定感のある素晴らしいキーボードです。

最後に、高級価格帯のキーボードはパソコン専門店で取り扱っていることが多いです。
実際にキーボードを試打する事が出来るお店も最近では多く、ご購入前に一度お試し頂くことを個人的におススメ致します。

何より最新のキーボードは機能ばかりでなく、デザイン面でもスタイリッシュ、ライトアップ(好き嫌いが分かれますが…)、インテリアとしての一面&所有欲を駆り立ててくれる一面も併せ持っています。

打鍵感やタイピング音にも様々な違いがございます、

是非ご自身に合ったキーボードを探してみてください。