NEWS/BLOG

2020.11.20

研究用読影レポートデータセットを公開

研究用読影レポートデータセットを公開

本日、奈良先端科学技術大学院大学(学長:横矢直和)先端科学技術研究科ソーシャル・コンピューティング研究室の荒牧英治教授らの研究グループより、CTなどの画像診断の結果を記載した文書を自動作成するための研究を加速するための読影レポートデータセットが開発・公開されました。

ワイズ・リーディングでは、こちらの研究用読影レポートデータセット作成にご協力させていただいております。

詳細は、奈良先端科学技術大学院大学プレスリリースをご参照ください。

〔プレスリリース〕画像診断結果の自動作成を支援する医師の読影レポートを集積して公開 ~AIを導入した医療診断の研究を加速~ (外部リンク)

関連リンク

 

この記事のキーワード: