NEWS/BLOG

2018.01.30

第140回!画像診断塾開催!!

2018.01.20



2018年第1回目の画像診断塾が、1月20日(土)に飛田オフィスで開催されました。
今回は、学生5名・現役の医師1名・行政書士や弁護士の先生方4名、合計10名の方が参加されました。






最初は恒例の学生さんとの質疑応答です。
・内頚動脈の分岐の表記について、文献によって頭側と尾側どちらをCIとするのかが違うのですが、どちらを基本に覚えたらよいのか教えてください。
・肺膿胸と肺膿瘍の区別をどうやってつければいいか?
・肺水腫と肺炎の像の違いを教えてください。
・腹部内臓の位置関係を把握しているのに苦戦しています。解剖の復習のほかになにか有効なやり方はあるのでしょうか?
といった質問に対して、社長が教科書や実際の画像を用いて分かりやすく説明してくださいました。

また、社長から学生さんたちへの質問に対して、とある学生さんの回答時の表現の仕方がとても上手で、社長からもお褒めの言葉がありました。


実際の画像を見るときのポイントとして、その患者の背景に何があるのか、また画像がぶれていたら、ただのアーチファクトとして捉えるのではなく、画像の中の隠された真実を見極めるように、との言葉に学生さん達も真剣に聞き入っていました。










以下、診断塾終了後の学生さんたちの感想です。


・縦隔腫瘍を覚えようと思います。
・新年一番とてもパワフルな授業でした。毎回イレウスのような画像的な鑑別を教えていただきたいです。
・リンパ腫・瘤の位置をしっかり見極められるように、画像をたくさんみていこうと思います。
・毎回参加していると、学んだ知識が定着しているのが実感できるので学んでいて楽しいです。


次回の診断塾は2月10日(土)に開催予定です!
次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています!!

~おまけ~
診断塾に参加された先生から、お土産に素敵な物を戴きました!!
ありがとうございました!!






文責・上野

この記事のキーワード: