NEWS/BLOG

2017.10.27

第138回画像診断塾開催!!

第138回画像診断塾が開催されました。

2017.10.27

10月21日(土)に第138回画像診断塾が開催されました。
本日も現役医学生・現役医師の先生・行政書士の先生方と一緒に、様々な症例を学びました。

始まりは、恒例の参加している方達から社長への質問コーナーです。
胸部CTの読み方への質問が複数でした。画像を見る順番や、ポイントなど、今回も分かりやすく丁寧に答えてくださっていました。

それからは、腹部MRIや典型的な疾患、胎児の画像や珍しい症例やAI(死亡後画像診断)と、濃密で盛りだくさんの内容でした。
「異物」の画像も興味深く、体の中にどうやって入ったの?!と驚きでした。
そして「異物」を取り除いた後は完全に体内から取り除けているかを、CTやMR、エコーなど様々な視点から行うことの重要性を教えていただきました。

 

骨盤内鬱滞症候群という、重要だけれどもよく見逃される症例や自己免疫性膵炎、胎児のMRへと内容が進むにつれ、参加されている方々の表情もどんどん真剣になっていました。
最後はAI(死亡後画像診断)です。
どうしてこの方が亡くなったのか・・・その原因となり得る事を客観的に画像から判断が出来れば、少なからず残されたご遺族の気持ちの整理につながるのではないかと僭越ながらに感じました。

まだまだ私自身とても未熟者ですが、少しでもお役に立てるよう日々勉強して知識を知恵に、そして知慧を兼ね備えた人間になれるよう精進していかなければ、と実感した一日でした。

 

文責・上野

この記事のキーワード: