NEWS/BLOG

2015.04.18

PKN#14:part1

PKN#14:part1

2015年3月6日 
14回目となるPechaKuchaNight熊本を開催しました。
 
その時の様子&プレゼンの魅力を
写真とともに振り返ります。
 
今回は会場をTSUTAYA Music cafe Morriconeに移しての開催でした。
 
 
 
ワインの自動販売機もアリ。おしゃれです。
 
 
医学部生の女子が初参加してくれました!
 
 
久々の再会もあり。
 
 
神戸さんから乾杯のご挨拶。
 
 
この瞬間、高揚感。
 
 
今回、司会を努めてくださった、くまけんの山本亮さん。
 
なんでもスラスラとやりこなす方で、
このオファーもすんなりと引き受けて頂きました。
 
えっ、もしかしてちょっと緊張されてます?
 
 
 
PKN kumamotoのオーガナイザー中山よりご挨拶。
 
 
 
いよいよ20秒×20枚=6分40秒の
熱いプレゼンがスタート!!
 
 
トップバッターはこの方、田中洋美さんしかいません。
 
 
Preziを使ったおしゃれなスライド。
「熊本とクリエイティブの未来は?」
 
 
「熊本にはクリエイティブの需要があり、
クリエイターが芽吹き、育っていかなければいけない場。」
 
素敵なハットを手に
熊本のクリエイター養成について熱く語って頂きました!
 
次回のPKN kumamotoは
creative
×
PKN
これは楽しみです!
 
さて続くのは、後原(せどはら)さん。
いつも独特のしゃべりとスライドに魅了されます。
 
 
今回はマイクロハウスについて、
モノに縛られない自由な暮らし、不便を楽しむ暮らしについて
語っていただきました。
 
 
どうしてこうなったのかを
点と点と点と線で表現するところが面白い。
 
 「経験からくる点と線を信じる
≒直感(≒占い師)」
 
「個人の繊細な点と点が紡ぐ線の面白みは
純度と鮮度がすごく大切」
 
すごく深くて楽しいプレゼンでした!
 
 
 
 
3番バッターは親子プレゼンの和田さん親子。
和田誠次さん、裕司さん。
 
 
放射線、原発について、
能動的リスク、受動的リスクがあり、
 
原発=危険だけではない、
 
 
仕組みを知ることが大切なんだと感じました。
 
終盤に和田さんから息子さんへ
「だから放射線技師の学校に行けって言っただろ!」ってツッコミあり。
 
父親の顔が出てました。
 
 
 
親子プレゼンのルーツ
それは地域で繋がることの大切さ。
親子、家族、友達など複数でプレゼンを行うことにより絆が深まる。
その積み重ねが地域活性につながる。
 
とのこと。
 
ん〜、なるほど…
 
 
それにしてもそっくり。
 
 
そして4番バッターは飯星忠さん。
9年前に自身が経験された「骨髄提供」について
リアルに語っていただきました。
 
 
ドルトムントの香川選手にそっくりです。
 
 
ドナー登録は命のボランティア。
採血はペットボトルキャップ1/3ほどの量。
 
 
一人でも助かる命があれば。
 
命を考えると、自然と人に優しくなれたりします。
そんな思いが伝わってきました。
 
 
 
そして前半戦、最後のプレゼンターは博多からの刺客。
山崎さん。
 
志賀島の魅力とは。
 
シルクロードから志賀島までのルート、金印がみつかった背景が面白い。
 
 
シカシマサイクルの発想と企画力。
 
 
航空写真、地図がスライドのあちこちに使ってあり、
これがまたすごく新鮮でした。
 
 
前半のトリ、お疲れ様でした!
 
 
ビアブレイクの前に、坂本一生さんより
マロオケのPR。
 
4/25 17:00より県立劇場にて。
 
 
 
中山からも応援メッセージ。
もうすぐです。楽しみです。
 
 
それでは、PKNで一番の盛り上がりをみせる
 
びあぶれいくへ。
 
 
 
 
集うイケメン。
 
 
花添える面々。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
こちらも偶然の再会。↓
 
 

 

 

 

 
 
それぞれの想いを乗せて
 
後半 Part2へつづく。。。
 
 
photo:ラガー
byミランダ
この記事のキーワード: