NEWS/BLOG

2013.03.26

ワイズでのアルバイトを終えて

 アルバイトを探そうと大学生協の募集掲示板を何となく眺めていた4年生の頃、たまたまワイズリーディングの募集を見かけました。「業務内容:トランスクライブ」という謎めいた内容に興味を持ち、好奇心だけで応募してみて正解だったと今になって思います。
業務内容が独特だったこともあり、始めてしばらくは全く勝手が分かりませんでした。医学部生にも関わらず難解な医学用語や日常生活では絶対に出会うことのない独特の言い回しにさんざん苦労させられ、社員の方々に手取り足取り指導して頂きながらなんとか仕事を覚えることができました。学年が上がってからは少しずつ画像も理解できるようになり、学校で習った知識をアルバイト中に活用することができるようになりました。自分で画像所見と内容を結びつけて理解できた時の感動は今でも覚えています。
 また、共育ネットワークの勉強会やペチャクチャナイトに参加することができ、様々な業界の人々が話す刺激的な話を聞くことができました。特に、社長が主催される勉強会に参加させていただき、教科書だけではわからない実臨床に即した知識を教えていただいたことが非常によい経験になりました。国家試験の受験中にも社長の声が聞こえてくるくらいに(腸腰筋膿瘍、肺野粒状影の鑑別疾患等々多数)ためになりました。
 ワイズではほかのバイトでは絶対にできない貴重な経験をさせていただくことができました。ここで学んだことはこれから医師として働いていく上で一生役に立つと思います。
本当にありがとうございました。

坂田悦郎

この記事のキーワード: