NEWS/BLOG

2011.07.10

7月9日(土)、ランビック。

7月9日(土)、 ビール探訪 第7回。

今回は、ビールの原点、ランビック。
ランビックとは、自然発酵ビールの一種であり、独特の酸味があります。ランビックとは、ベルギーのゼナ川周辺にのみ生息する野生酵母を使い、木の樽で自然発酵して作るビールのことです。
なかでも、世界一酸っぱいビールといわれる、ベルギー・ブリュッセルにあるカンティヨン醸造所の「カンティヨン・グース・CANTILLON Gueuze 」。 375ml 約700円。高いですね~。

3年熟成古酒と1年熟成の若いビールをブレンドして造ります。
麦汁を天井裏の冷却槽に一晩放置して、空気中を浮遊する野生酵母を取り込むそうです。
酵母は醸造所に済んでいると信じられているので、壁も天井も手を加えることはしません。ず~と、昔からのスタイルを維持しているのですね。


しょんべん小僧で有名なカンティヨン・グース。
・・・いやな予感がします。


では、開けてみましょう。どきどきしますね、開栓!


開きました・・・が、


なんと、王冠の奥にコルク栓があります。
なんてことでしょう。


・・・こんな面倒なことをして。
では、こんどこそ、開けてみましょう。開栓!!


あきました。
みごとですね、ちなみに、「カンティヨン・グース」は、ビールの中のシャンパンと呼ばれています。


うわ、きつ~い! 自然酵母の勢いを感じますね。
やはり、しょんべん小僧のトレードマークが気になります。


では、注いでみましょう。
ビールの原点というから、もう少しエールっぽい色を想像していましたが、ラガーですね。


きれいな黄金色ですね。泡立ちはそれほど強くはないようです。


・・・飲んでみましょうか、今回は、ちょっとためらいます。


では、Proost!


ごくり。


うううっっっ・・・。


・・・。


・・・。


すっぱ~い!!!
油断した・・・。


ずこん!

天然酵母をつかった本当に酸っぱいビールでした。
でも、やみつきになる人も少なくないそうです。
私は、やっぱり、ピルスナーが好きですけど。

次回は、ブデヨビツキ・ブドバー。チェコのピルスナーです。

この記事のキーワード: