NEWS/BLOG

2010.02.28

「ファミール銀行」はネーミングの工夫が必要です。

最近地元で話題の本。 「小説 火ノ国銀行」

やっとAmazonから届きました。
引き込まれてしまって、一気に読み上げました。

これってノンフィクションという噂がありますが、どうなんでしょうね。
会社のオフィシャルブログなので、ここでのレビューは控えた方がよさそうな
内容です。

県民にとっては情景が思い浮かぶようなシーンが出てきますので、かなり
リアルですよ。

ただ、「火の国銀行」はいいとして、そのライバルの「ファミール銀行」は、もう
ちょっとオブラートに包んだ名前はなかったんでしょうかね・・・。(笑)

この記事のキーワード: